国家資格キャリアコンサルタント集団が斬る仕事論

障害者家族として知っておきたい会社での合理的配慮

 
この記事を書いている人 - WRITER -
結木つばめ
国家資格キャリアコンサルタント。家族内障害者カウンセラー。学校図書館専任職員として障害を持つ子どもたちに、今は障害者の日中活動の支援を行う。弟も障害者であり「家族」という当事者。障害者の家族の生活は雨や嵐の日もあるが、大好きな絵本「ぼちぼちいこか」(偕成社)の言葉を合言葉に今日を生きている。

障害者に関わりのある方であれば「合理的配慮」という言葉は知っておられる方も多いかと。

しかし、なんとなくわかっているけど、詳しくは知らないという家族も会社もあるのでは?

今回は

  • これから障害者雇用を考えている会社の方
  • すでに障害者雇用をされていてどのようなサポートが必要か考えている会社の方
  • これから就職を目指している障害者家族として何を準備しておけばよいのか知りたい方

にむけて、キャリアコンサルタントであり、家族内障害者カウンセラーである@結木つばめが、合理的配慮についてわかりやすくお伝えます。

合理的配慮を知る理由は?

平成30年から法定雇用率が2,2%に引き上げられると同時に精神障害者の雇用義務化が始まりました。

2021年には雇用率も0.1%引き上げられ、今後ますます、障害者雇用の幅も広がっていきます。

これから先、会社では障害者のある人達にむけて環境を整えて行く事が求められるからです。

合理的配慮ってなに?

2016年4月施行の「障害者差別解消法」により、

①「障害を理由とする不当な差別の取り扱い」と②「合理的配慮の提供義務」が行政機関、学校、会社の事業者に課せられています。

「障害を理由とする不当な差別の取り扱い」とは?

地方公共団体、会社、店の事業者などが障害のある人に対して、機能障害を理由にして区別したり、断ったり、行動を制限すること。

どんな事が禁止なの?

医療などの各種サービス機会の提供拒否、補助犬を連れているのに飲食店などの入店拒否、学校の受験入学を断るなど障害を理由におこなわれること

「合理的配慮」とは?

公的機関は義務化、民間は努力義務。

配慮ができるのに行わない事を差別であるとしています。

障害者本人から「社会的障壁」を取り除いて欲しいという要望が出れば、無理な事ではない限り、サービス、個別の支援、配慮、工夫、ルールの修正などをして利用できるようにすること。

社会的障壁とは?

障害を理由に結果的に社会のシステムやサービスなど利用できない状態になっていること。

また、毎日の生活や社会で生活をする時、妨げとなる社会の制度や考え方などすべて。

対象となる障害者の範囲

身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)、その他の脳や体の機能に障害があり、長期にわたり、日々の生活や社会生活、職業生活を送る時に相当な制限を受けてしまう方たち。

障害がある全ての人が対象。

つまり、障害者手帳を所持していない方も対象になります。

会社で行う合理的配慮にはなにがあるの?

どんな時にどんな配慮がいるのかは、障害者ひとり一人違います。

今回の事例はほんの一部です。

合理的配慮の中には【事業主に対して過重な負担を及ぼすときは提供義務を負わない】と記述があります。

そのため、一番大切なのは、本人と話し合いながら環境整備や方法を検討し、会社の中で無理のない範囲で、合意のもと実施をすることです

加えて、家族や支援者から話を聞くことで、例えば、効果的な関わり方など工夫する点もわかります。

採用時の合理的配慮について

採用試験時の一例

・問題用紙の音訳・点訳、試験時間の延長、回答方法の工夫など

・面接時には必要に応じてコミュニケーションの補助者や支援機関、学校のなどの支援者の同席を認める

雇用後の合理的配慮について

【共通の配慮事項例】一例

・一度行った合理的配慮も有効だったかどうか定期的に検討する。

その際は必ず本人から意見を聞くいた上で実施する。

・会社としてどこまで障害者であることを知らせるか?

・体力や日々、季節や日々体調が変わる場合もあることを考慮して仕事内容を決める。

・相談窓口や担当者を決める

例えばこんなことが合理的配慮になります。

◇精神障害者の方◇ 

短時間勤務や出勤時間の調整、服薬後の休息場所など、久し振りに仕事復帰する場合もある事を考慮するなど。

◇知的障害者の方◇

口頭での指示では伝わりにくい場合は、写真や絵の入ったマニュアル作成、書類にルビを振るなど。

◇視覚障害者の◇

音声読み上げソフトの導入、担当者が書類等の読み上げ。

書類や手、マスクなどで口元を覆って話しかけないなど。

◇身体障害者の方◇

車椅子を使用する方に合わせて机、作業台の高さを調整する。

エレベーターや通路スペースといったバリヤフリーの視点で会社内の移動の負担を軽減する。

多目的トイレの設置など

◇発達障害者の方◇

イヤーマフの使用、パーテーションで区切るなど集中して仕事を行ったり、気持ちを落ち着ける場所を用意する。それぞれの感覚過敏への対応や、視覚的にわかりやすい支持を行うなど。

◇聴覚障害の方◇

音声認識ソフト導入、火災等の緊急時に対応するためのフラッシュライトなどの導入、会議などは事前に資料の共有など。

◇難病の方◇

平成30年4月1日からの障害者総合支援法における対象は現在359の疾病あります。

病気の状態など見た目ではわかりにくく、治療方法も個人で異なるため通院や服薬等を視野に入れ個々に応じた仕事内容と就労時間を設ける。

また、病気によっては疲れやすいこともあり、その日の体調に合わせた調整もおこなうなど。

「ちゃんとして」の「ちゃんと」ってなに?

みなさんが思う「ちゃんと」や「ちょっと」って何でしょう?これは人それぞれ感覚が違うと思います。

そのため、障害者に仕事の指示をする時や何かを説明する時は抽象的な指示語を出さない事です。

例えば、指示を出すときこんなことを言ってませんか?

書類や荷物を持ちながら

「これ、そこの机の上に置いてください。」

なにをどこに置けばいいのかわからないので、「書類を〇〇さんの机の上においてください」と伝える

清掃場所など

「もっとちゃんと拭いて」「きれいにして」と指示をする。

作業手順を見せる。どんな状態が終わりなのか終わりの状態を見せる。

待って欲しい時

質問があって来た際、自分が別の対応をしている時「ちょっと待って下さい」と言う。

⇒「今、話が出来ないので、5分後(もしくは〇時〇分)にもう一度来てください」

働いている人がわかりやすい支持を意識しよう

「ちゃんとして」、「これ、それ、あれ、どれ、ちょっと等」ですが、指示をする時とっさに出ることがありますよね。

私自身も気を付けてはいるのですが、失敗する事もあり、そのたびに反省の繰り返しです。

抽象的な表現は、障害を持つ人たちはとても戸惑います。

目に見えず想像が難しいものは伝わりにくいのです。

指示をする時、落ち着いて具体的に説明できるように心掛けましょう。

目指すははっきり、ゆっくり、丁寧に話す

長い文節でダラダラと説明すると伝わりにくいこともあります。

専門用語を交えているのも指示が伝わらない原因の一つになります。

どこを伝えたいのかポイントを明確に、文章は短く、わかりやすい言葉で、時系列もわかりづらい特性の方もいるので現在形で時間も示しながら説明しましょう。

例えば、次のように説明をしたとします。

良くない例

今日の予定はいつもどおり郵便物の整理して、社内に届けて、そのあと会議があるからコピーをしてもらって、会議室の掃除もちゃんとしてください。そのあと月一回の面談日なので面談をします。

これではわかりづらいので、紙やホワイトボードに書き出して時系列に並べてみましょう。

その際は、振り仮名をつけたり、平仮名で書いたりその人に合わせて下さい。

また、印刷した文字で表示する時は、障害特性によっては、明朝体の細い横線、教科書体の文字の先が細いことによって“はね”や“はらい”など一部が欠けて見えたりするので、丸ゴシック、UD体、メイリオで書いてみましょう。

10:00 郵便物(ゆうびんぶつ)の整理(せいり)

10:30 ゆうびんぶつのはいたつ

12:00 昼(ひる)休憩(きゅうけい)

13:00 会議(かいぎ)資料(しりょう)のコピー。10名分(めいぶん)。場所(ばしょ):コピー室(しつ)。ホッチキスで左肩(ひだりかた)留(ど)めする

14:30 2階(かい)の会議室(かいぎしつ)の掃除(そうじ)

15:30 面談(めんだん) 場所(ばしょ):3階(かい)の会議室(かいぎしつ)

16:00 終了(しゅうりょう)

チェックポイント

就職時に支援者がいない、採用後に障害がある事がわかりどのような合理的配慮を行えばよいのか困った場合、

「地域障害者職業センター」の職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業

を活用してみましょう。

障害者の職場適用できるように専門家として事業主や職場の従業員に助言、必要に応じて職務の再設計や環境改善を提案するなどを行っています。

家族として準備

良く言われる事ですが、就職はゴールではなく、定着して働けるかが大切です

では、家族としては、どんなことを会社や支援者に伝えればよいのでしょう。

次の項目を参考にしてみて下さい。

☑いつも服薬している薬とその注意点

☑気持ちが落ち着かない状態はどんな様子か。その時の気持ちの切り替えの方法。

☑どのようなコミュニケーションを行っているのか?

☑着替えの様子などできる事、配慮があればできる事。

☑徒歩、公共交通機関、自転車の通勤方法はどれが良いのか、外出時の注意点。

☑週や月どれくらいの頻度で通院しているのか。通院時は1日休むのか午前or午後休むのか?

☑睡眠に関して

☑携帯電話や固定電話はどこまで使えますか?

☑どうしても伝えたいこと

無理なく書き溜めていきましょう。

日々の生活の中で、できること、出来ない事の変化はあります。

すべての項目を書いておこうではなく、気が付いた時に当事者の得意、苦手を把握して整理していきましょう

また、何か疑問に思った事、困った時に本人から担当者へ言えることも大切です。

自分から伝えられるように練習していくのも良いですね。

チェックポイント

面接日等までに合理的配慮の提供を受けたい場合は、

面接日等までに十分な時間的余裕をもって事業主に申し出ることが求められます。

整理しておくことはいざという時慌てなくて済みます。

終わり

障害がある無しに関わらずこれは得意だけど、ここは苦手があります。

障害者自身も苦手や時間がかかる事も自分なりに工夫して行いますが、どうしても自分では難しいこともでてきます。

その時、家族や会社からのサポートがあれば働き続けれます。

その際の会社側の障害や難病についての理解は欠かせません。

今は多様性の時代です。合理的配慮を行う事は、お互いの違いを尊重すること。

企業の大切な労働力として会社の成長へ繋げていきしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
結木つばめ
国家資格キャリアコンサルタント。家族内障害者カウンセラー。学校図書館専任職員として障害を持つ子どもたちに、今は障害者の日中活動の支援を行う。弟も障害者であり「家族」という当事者。障害者の家族の生活は雨や嵐の日もあるが、大好きな絵本「ぼちぼちいこか」(偕成社)の言葉を合言葉に今日を生きている。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NowJob , 2019 All Rights Reserved.