国家資格キャリアコンサルタント集団が斬る仕事論

「マネージャーになる自信がない」貴方に!女性が管理職になるメリット5つ

青木静
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
青木静
1984年生まれ東京都在住。国家資格キャリアコンサルタント&2級キャリアコンサルティング技能士。メーカー勤務、営業マネージャー。入社当初、会社も仕事も斜めから見る「やさぐれ営業マン」だったが、5年目に営業成績上位3%、社内表彰される。自身が経験したり学んだ営業職を続ける上で「大切なこと」を軸に悩める女性営業員に向けて講演や相談を実施している。

次のステップを考えると「管理職」、、、でも私がマネージャーをやるなんて想像できないし、マネージャーとしてやれる気がしない!絶対無理無理!!

女性は、女性管理職の先輩が少ないので「管理職」として働くイメージがつきにくいですよね。

男性管理職の強力なリーダーシップや統率力を見ていると自分と比較して「あんな風にはできない…」と尻込みしてしまうこともあるでしょう。

とはいうものの、プレーヤーとしてのコツは掴んでいるし、今の職場やお客様にも馴れてきて最近物足りない。

気が付けば30代、後輩も増えてきた、ずっと今の役職というのもなんだかな~この先わたしは一体どうしたらいいんだろう…

あなたはこんなモヤモヤを感じていませんか?

そんな悩みを抱えているあなたに、現役営業マネージャーあおきしずか@国家資格キャリアコンサルタント&2級キャリアコンサルティング技能士が『管理職になって得られるメリット5つ』をご紹介いたします!!

もし昇進昇格のチャンスがきたら、そのチャンス、掴んでみませんか??

女性管理職の現状

管理職に占める女性の割合

課長が100人いたら、そのうち女性は9人

部長が100人いたら、そのうち女性は6~7人

係長になったら「課長を目指せ!」と言われるかもしれませんが、実際ロールモデルが少なく、少ないロールモデルの中から自分の将来を想像しろと言われても、イメージすることは容易ではないでしょう。

筆者の場合

「役員から所長に推薦されている」と上司に聞かされた時はまさに青天の霹靂。

当時私は29歳。所長としては一番年下。

社内初の女性営業所長!!と言われても、全く自分が所長になるイメージが湧きません。

当時の心境

「○○所長みたいに、ビシバシ、的確な指導なんてできないよ…」

「部下から反発されたらどうしよう…」

「そもそもマネージャーって何をマネージメントするの?」

結婚しても続けられるのか、子供ができても務まるのか、結婚後の転勤はどうなるか、考えれば考えるほど不安ばかり。自信ゼロ。

当時300名以上いる営業管理職のうち、女性はわたしと同時になったもう一人だけです。

相談した母にも、姉にも反対されました。

「何でも『初』は大変だよ、いばらの道に進むことはないんじゃないの?結婚や子供ができたらどうするの?」

悩みに悩んだ挙句、結局引き受けることにしました。

不安だらけだけど、この先働き続けることを考えたら自分の成長に繋がるのではないか。

自分にロールモデルはいなかったけど、後輩たちのロールモデルに自分がなればいいのではないか。

そうやって自分で決めたものの、初年度の成績はガタガタ、部下との関係も上手くいかず毎日悩んでいました(笑)

それでも、今は管理職を引き受けてよかったと心から思っています。

自信がない原因は?

自分の功績を幸運だったからと捉えるインポスター症候群

自分の業績がいいのは運が良かっただけだ、能力があるわけではない。優秀なふりをして周囲を欺いている気がする、いつか自分の無能さがばれてしまったらどうしよう、、、そんな風に感じたことはありませんか?

インポスター症候群とは
  • 「imposter」とは詐欺師、ペテン師、なりすました人という意味
  • インポスター症候群とは、自分の能力や実績を認められない状態
  • 仕事やプライベートを問わず成功していても、「これは自分の能力や実力ではなく、運が良かっただけ」「周囲のサポートがあったからにすぎない」と思い込んでしまい、自分の力を信じられない状態に陥っている心理傾向のこと

この傾向は女性の方が男性より強いと実証されています。

自己評価には性差が存在しているのです。

「成功したとすると男性は実力と考え、女性は運だと考える」

成績はあなたより下でもチャンスを掴んで昇進する男性。

あなたからすると能力不足な部分があっても、前向きで自分の能力に自信がある男性。

誰かの顔が思い浮かんだ人もいるかもしれませんね。

あなたもインポスター症候群である可能性があります。

あなたはあなたの実力を正しく評価できていますか?

自己効力感の低さ

自己効力感とは自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること

提唱:カナダ人心理学者アルバート・バンデューラ

簡単に言うと「自分はやればできる」という確信の度合い。

自己効力感が高ければ、「管理職を引き受けても、きっとできるだろう」と思えますし、自己効力感が低ければ「きっと失敗するだろう、上手くいかないだろう」と考えてしまいます。

今のあなたは後者かもしれませんね。

自己効力感を上げる方法

①行動の達成・成功体験:自分で実際やり遂げられた経験。スモールステップで成功体験を積み重ねる。「またできるだろうという予測」

②代理体験:モデルの観察。他人がある課題を達成する場面を観察する代理体験。「自分もできるだろうと思う」

③言語的説得:他人からの肯定的な励まし。言葉による説得、褒める「あなたならできるよ」

④情緒的喚起:心身の健康は自己効力感を増し、逆に体調不良、不安感や緊張感が高まった場合は自己効力感にマイナスの作用を与える。

created by Rinker
¥1,718 (2020/09/24 14:36:38時点 Amazon調べ-詳細)

自己効力感が低いときは、何をやっても上手くいかないもので、初年度はプレイングマネージャーでしたが、自分も営業所の成績もガタガタ、部下との関係も上手くいかず毎日悩んでいました(笑)

悩んでいた時
  • 案件採用になっても、運が良かったからだと素直に喜べない
  • ロールモデルが見つからず、どこを目指すか不安
  • 相談できず、一人で塞ぎ込む
  • 運動習慣なし、週3~4日飲み会、家でも飲んで度々二日酔い。常に体調がよくない。
上手くいったとき

①行動の達成・成功体験:絶対に案件獲得すると覚悟を決めたら大型新規顧客に案件採用、自信につながった。

②代理体験:社内にロールモデルがいないので営業部女子課やWOMAN EXPOに参加し、モデルを探す。日経WOMAN やWOMAN PRESIDENTを読んで管理職経験者の経験談を読み、失敗したり悩んだりするのは自分だけじゃないと思い込む。

③言語的説得:信頼できるメンター(仕事上の指導者、助言者)を設定する。昔の上司、仕事で尊敬できる人、多田健次先生(複合型研究施設Shien.Lab)に相談。今自分ができていることを教えてもらうことで自信を回復させ、これから目指す指針にアドバイスをいただき視野を広げる。

④情緒的喚起:体幹トレーニングジムに通う、自炊する。

自己効力感を上げる方法についてはこちらのブログも参考になりますのでご覧くださいね。

少しでも実践できそうなことがあれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

管理職になるメリット5つ

プレーヤー時代とは異なる経験が自分を成長させてくれます!!

  • 収入UP
  • 視野が広がる
  • 部下を育てる達成感が得られる
  • 自分に自信がつく
  • 将来の選択肢が広がる

収入UP

基本給が上がるので、賞与も上がります!!

会社によりますが、筆者の場合年収が1年で14%アップしました。

「お金がないから欲しい洋服が買えない」「お金がないから我慢しよう」と今まで手が出せなかったものも、買えるようになることはもちろん、気持ちにも余裕が生まれます。

親や兄弟、可愛い甥っ子たちにも気兼ねなくプレゼントを買えること、そして喜んだ顔を見られることが何より嬉しいです!!

視野が広がる

会う人が変わる、入ってくる情報が変わることで今まで見てきた世界が違う角度から見えるようになります。

  • 商談相手が経営者や管理職になることは当たり前。お客様の経営戦略や経営者の考えを聞くだけでも勉強になりますし、知見が広がります。
  • 社内においても、役員や部長と話す機会が増え、経験豊富な上役からマネージメントの在り方や営業戦略を学ぶことができます。
  • 社内交渉は上司の仕事の一つ。組織に必ず存在する「社内政治」を把握し、誰にどのように交渉したら求める条件が得られるか様々なシチュエーションを想像する力がつきます。

部下を育てる達成感が得られる

正直、筆者にとってはこれが一番難しい。難しいから達成感があります!

5年目のT君。

2年前に一緒に仕事をし始めたとき・・・

営業のスケジュールが立てられない、初めて会う人がいるのに名刺を忘れる、商談に遅刻することもしばしば。

一体どうやって育成したらいいのか頭を悩ませました。

日々のスケジュールを毎日確認、今日やること、今週やること、今月やることを共有することで少しずつ成長!!

今では立派な営業員です。

メンバーの特徴に合わせて個別に対応するスキルを身につけることが、自分の成長にも繋がります。

自分に自信がつく

成功体験のスモールステップを積み重ねることで、自己効力感が上がり自分に自信がついてきます。

例えば、自分が考えていた営業戦略が上手くいったとき。部下の相談にのって提案したことがお客様にピタッとはまり、部下が喜んでいるとき。マネージャーとしての自分に自信がつきます。

実は失敗経験も自信に繋がるんです!部下がいると、自分が経験したことがないクレームやトラブルが発生します。

お客様への丁寧な対応や上司、本社との連携・相談、そうやってリカバリーしているからこそ今がある。部下や自分にリカバリー力、問題解決力がついた経験も自信に繋がります。

将来の選択肢が広がる

マネージャーを経験していれば、マネージャーを継続することもプレーヤーに戻ることも選択できます。

マネージャーを継続する場合はポジションを上げること、プレーヤーを選択した時は、マネージャーの気持ちがわかるので右腕役として活躍できるでしょう。

また、転職にも有利です。冒頭でお伝えしたように、女性管理職経験者が少ない現状では、転職サイトで「管理職経験有り」と登録すると今より高いポジションと給与で転職できる可能性があります。

自分の将来の選択肢を広げるためにも、管理職になるチャンスがあったらぜひ掴みましょう!

管理職になるときの注意点

完璧を目指さないこと!

数年前のわたしはこんな風に考えていました。

管理職になんだから何でも完璧にできなければならない、できない私はダメな上司、ダメな人間。

女性初の管理職だから、結婚も子供もいて、家庭と仕事を両立しなければならない。

そうでなければ私が会社初の女性管理職になった理由がない、必要とされない。

今考えると、自分の「~ねばならない」「~すべき」という思い込みに縛られて苦しい考え方、生き方をしていたなと思います。そして理想と現実のギャップに苦しみ、本当に辛かった…

「完璧な人なんていない。自分を大切にね。」

そんな私を見かねて、当時の上司に言われた言葉です。

思い込み呪縛だった当時の私には、上司の言葉の意味が分かりませんでした。

でも今はわかります。

完璧な人なんていないんです。上司も人間。誰でも失敗はするし、不得意なことはあります。男性管理職だってマネージメントの仕方は人それぞれ、千差万別。

わたしたち女性も、自分らしさを生かした管理職になれば、それでいいのです。

まとめ

いかがでしたか?

昇進の打診がきたら、あなたにはその力が備わっているということ。

「大変そうだな…」「自分に務まるかな…」そういう不安もあると思いますが、「新しいことにチャレンジできる絶好のチャンス」と前向きに捉え、自分の未来を切り拓いていきましょう!!

あなたが生き生きと仕事を続けられますように。

あおきしずかはあなたを応援しています☆彡

この記事を書いている人 - WRITER -
青木静
1984年生まれ東京都在住。国家資格キャリアコンサルタント&2級キャリアコンサルティング技能士。メーカー勤務、営業マネージャー。入社当初、会社も仕事も斜めから見る「やさぐれ営業マン」だったが、5年目に営業成績上位3%、社内表彰される。自身が経験したり学んだ営業職を続ける上で「大切なこと」を軸に悩める女性営業員に向けて講演や相談を実施している。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NowJob , 2020 All Rights Reserved.